こんにちは、いらっしゃいませ。
福島は湯量豊富な湯野上温泉で温泉民宿「ひらのや」をきりもりする女将です。
湯野上温泉は、
その昔宿場町だった大内宿から一番近い温泉地です。
女将の「細腕」ならぬ「太腕」でひらのやの繁盛を願いながら、宿や自分の日々の出来事・感じた事を気ままに綴ってみました。
少しでも「ひらのや」や「女将」を身近に感じて頂けたらありがたいです。
木の香りがプンプンするわけ・・・・・

本日、ひらのやは木の香りがプンプンしております。

 

そのわけは・・・・・

 

 

 

客室の障子紙をニューバージョンにしているからでございます。

 

おっとっとと何とかギリギリに仕上げました。

 

時おり汗ばみながら、

 

障子紙のチェンジは、春か今の時期だなぁ〜と

 

おもいました。

 

ひと課題をどうにかクリァして、やれやれでございます・・・・・

 

明日も課題が待ち受けておりまする。

 

さぁて、クリァでっきるかなぁ〜

- / comments(3) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








とっても魅力的なお宿ですね!
お風呂は男女交代制や貸切などのシステムはありますか?どうせならどちらのお風呂にも入ってみたいので、時間で交代とかあるとありがたいですね!
お料理もたくさんでおもてなしの気持ちが伝わりますね!
from. suzu / 2017/10/09 6:59 AM
suzuさんへ

はい、とってもすてきな宿です(笑)
かつては、お風呂は男女交代制でしたが、
男性が間違えるので、廃止にいたしました。
時間を気にせずに入浴していただきたいので、
貸し切りもしていません。
ご希望に添えず、申し訳ありません。
コメント、うれしかったです。
ありがとうございました。
from. ひらのや女将 / 2017/10/12 4:24 PM
お返事ありがとうございます!
かつてはされていたのですね。。
残念です、暖簾を変えるとか看板で分かるようにするとか。貸切は内鍵かけれるようにするとか、若い世代は望んでます!
女性が入らないお風呂があるのは残念です、是非廃止するのではなく、間違えないような工夫をお願いしまーす!
from. suzu / 2017/10/15 3:54 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://min-hiranoya.jugem.jp/trackback/2357